岡山食材レシピ1 | 地域食材.miru

注目の美味しいものについて特集します。

2018.02.26

岡山食材レシピ1

全国のこだわり食材の魅力を引き出すレシピをご紹介します。

今回は、岡山県の食材をピックアップしました!

 

東京・神保町にあるワインバル・関山米穀店店主の関山真平さんに教わったのは、

「さわらのミキュイ ~岡山ミックスとパクチーのサラダと黄ニラのソースを添えて~」

 

 

<使用した岡山食材>

これらの食材は、岡山県の産地視察ツアーを開催した際に、視察先となった事業者様の食材で、それぞれにストーリーがあり、こだわりがたくさん詰まっています。

・さわら(株式会社小倉商店小倉正幸さん

・黄にら(株式会社フォーナイン小高千代子さん

・パクチー(株式会社フォーナイン小高千代子さん

・岡山ミックス(レッドライスカンパニー株式会社難波友子さん

 


岡山県の食材。今回の料理に使ったのはさわらのほか、パクチー、黄にら、岡山ミックス。

 

 

<関山さんのコメント>

新鮮な状態で届いたさわらは、一尾3kgほどある大きさで驚きました。さわらはさっぱりとした味なので、甘みと旨みを引き出すために、皮はパリッと焼き上げ、身は少しピンクがかった焼き上がりにしました。そこに、異なる食感も楽しんでもらえるように、ほどよい酸味とパクチーの香りをまとった岡山ミックスのサラダを添えました。ソースに使った黄にらは、中華料理のイメージがありますが、サフランで黄色の色合いを高めることで見た目もよく、ワインに合う風味に仕上げました。

 


さわらを皮目から焼く。半生に仕上げるのがポイント。

 


赤米や黒米、パクチーなどを使った付け合わせのサラダ。

 


黄にらのソースを添えて。

 

 

さわらのミキュイ ~岡山ミックスとパクチーのサラダと黄にらのソースを添えて~

材料(1皿分)

さわら(切り身)                150g
岡山ミックス(赤米、黒米、もち麦、白米玄米)  50g
パクチー                    20g
トマト                     20g
赤玉ねぎ                    20g
黄にら                     1束
ヴィネグレットソース(シェリービネガーベース)  適量
チキンブイヨン                 30cc
サフラン                    1g
塩                       適量

 

作り方
1  サラダを作る。岡山ミックスを20分茹でる。
2 パクチーはざく切りにし、トマト・赤玉ねぎは1㎝角に切る。1を混ぜ合わせ、ヴィネグレットソースと塩を加える。
3 黄にらのソースを作る。黄にらを1分ほど茹でる。 盛付用に少量の黄にらを取り出しておき、ヴィネグレットソースで和える。残りの黄にらは、ミキサーに入れ、チキンブイヨンを加えて撹拌し、ピューレ状にする。サフランと塩を加える。
4 さわらに軽く塩をふり、中火で温めたグリルパンで皮目を焼き、裏返して身側にも焼き色をつける。中心部の身はミディアムになるよう火を通す。
5 器に2のサラダをセルクルなどで盛りつけ、4のさわらを半分に切って盛り、飾り用の黄にらを盛りつける。3のソースを器のふちにかける。

 


料理人:関山真平さん

 

 

ワインとタパス 関山米穀店
東京都千代田区神田小川町3-9
TEL:03-5244-5446
営業時間:17:00~24:00  
定休日:日曜日
HP:https://www.facebook.com/sekiyamabeikokuten/

 

 

よく見られている特集

▲ TOP