宮崎食材レシピ2 | 地域食材.miru

注目の美味しいものについて特集します。

2018.07.27

宮崎食材レシピ2

全国のこだわり食材の魅力を引き出すレシピをご紹介します。

今回は、宮崎県の食材をピックアップしました。

 

東京・四谷にあるフレンチ割烹、メゾン・ド・ミナミ総料理長のドミニク・コルビさんに教わったのはオオニベのポワレです。

 

 

<使用した宮崎食材>

宮崎県の食材視察ツアーで視察した生産者の食材です。今回は宮崎市青島で新鮮な魚介類を飲食店に届ける、株式会社やひろ丸の扱う魚を使っています。1年を通じて様々な魚が水揚げされる水産資源豊富な宮崎県から、活き締めなどの処理をして、魚を新鮮なまま届けています。また、中村商店の野菜もたっぷりと盛り合わせました。

 

<ドミニク・コルビさんのコメント>

 

春〜夏が旬の、透明感のある白身魚のオオニベは、しっとりとした食感と淡白な味わい。フライパンで表面を香ばしく、中はふんわりと焼き上げ、バターを加え、風味よく仕上げました。中村商店のコリンキー、じゃがいも(ミニ)、赤じゃがいも(ミニ)、甘長ししとう、モロッコインゲン、フルーツコーン、オクラ(ミニ)を使い、見た目も味わいも華やかな一皿になりました。野菜は焼くなど、シンプルに調理して、そのものの味わいを引き出しています。

 


中村商店の野菜。

 


株式会社やひろ丸のオオニベの切り身。

 


バターを加える。

 


野菜はグリルパンで焼き目をつける。

 


魚にバターのコクと風味をまとわせる。

 

 

オオニベのポワレ

材料(2人分)

オオニベ(切り身)2切れ

コリンキー 1/4本

じゃがいも(ミニ)1個

赤じゃがいも(ミニ)1個 

ミニオクラ 1個

モロッコいんげん 1本

甘長ししとう 2本

フルーツコーン1/2本

ほっこりえびすかぼちゃ(スライス) 適量

エディブルフラワー 適宜

オリーブオイル 適量

バター 適量

塩、こしょう 各適量

 

作り方

1 オオニベに塩、こしょうし、フライパンにオイルを熱し、オオニベを入れて弱めの中火で10分ほど焼く。裏面もさっと焼く。

2 バターを加える。オオニベにスプーンでバターをかけながら、火を入れる。

3 じゃがいも、赤じゃがいもは蒸し、半分に切り、グリルパンで焼き目をつける。モロッコいんげん、ミニオクラはさっと茹で、半分に切る。甘長ししとう、コリンキーは縦半分に切り、グリルパンで焼く。フルーツコーンは茹で、身の部分を削ぐ。かぼちゃは150℃のオーブンで15分ほど加熱する。

4 器に2と3を盛り合わせ、エディブルフラワーを飾る。

 


総料理長のドミニク・コルビさん。

 

■株式会社やひろ丸(オオニベの切り身)

宮崎県宮崎市大字加江田4330-1
TEL・FAX:0985-65-2878 http://yahiromaru.jp/

 

■中村商店(野菜全般)宮崎県宮崎市橘通東4-5-7
TEL・FAX:0985-23-6575 http://yahiromaru.jp/

 

■メゾン・ド・ミナミ

東京都新宿区荒木町2-9 MIT四谷三丁目ビル2F・3F

TEL:03-6868-3550

営業時間:ランチ11:30〜13:30L.O.

     ディナー18:00〜22:00L.O.

定休日:月曜、日曜、祝日

HP:http://www.vinminami.jp/

 

 

よく見られている特集

▲ TOP